憩いの手引き

玉峰山荘を思う存分堪能、お寛ぎ頂くための
過ごし方をご提案させて頂きます。

17:00 チェックイン、お部屋へ お部屋から夕方の山の眺望を眺めながら椅子に腰掛け一息つきます。
日の高さとともに刻一刻と変化する山の夕景をお楽しみください。

18:00 最寄りの道の駅「酒蔵奥出雲交流館」へ 玉峰山荘から歩いてすぐにある道の駅。
19時まで開いているので、お食事前の散歩にぴったりです。
酒蔵が併設されていて、ここでつくられた日本酒を試飲できます。
気に入ったお酒は買って帰ってお部屋で楽むのもおすすめ。

19:00 お食事を堪能 奥出雲の食材を活かした食事を堪能します。
特に「仁多米」「島根牛」はぜひ味わっていただきたい食材です。お食事について

21:00 お部屋でまったり 電気を落とし、間接照明の中、お酒を飲んだり、読書をしたり。
奥出雲の夜の静寂に包まれ、のんびり過ごします。

22:00 夜の温泉 日帰り利用が終了になる22時から23時までの間は、
ご宿泊の方のみが利用できます。
広いお風呂を贅沢にご利用頂けます。

23:00 ラウンジで語らう 静かなラウンジで湯冷まし。
ラウンジから続くバルコニーに出れば、身も心も開放されます。

6:00 朝の露天風呂を堪能 静かなラウンジで湯冷まし。
ラウンジから続くバルコニーに出れば、身も心も開放されます。

8:00 やさしい味の朝食 静目の前に奥出雲の景観が広がるレストランで朝食を頂きます。
「仁多米」のごはんにぴったりの
地元の食材を活かしたメニューを堪能します。

10:00 チェックアウト 出発前に、お土産コーナーで奥出雲の名産を購入。
食事でも出た仁多米、地酒がおすすめです。

奥出雲の自然を満喫する 奥出雲の魅力は四季折々の自然です。
季節により表情を変える自然の景観を見にお出かけください。

scroll

おすすめスポット

鬼の舌震
鬼の舌震
斐伊川支流にある、河岸の切り立った絶壁と谷底の折り重なる巨岩が迫力満点の景観です。
国の名勝・天然記念物に指定されています。
棚田の景観
棚田の景観写真:福頼棚田周辺
奥出雲で栄えたたたら文化。たたらの鉄を採取する技術「鉄穴流し」の跡地が、
放置されることなく、棚田へと姿を変え、現在の棚田の景観をつくりだしています。
鉄師邸宅の庭園
鉄師邸宅の庭園写真:絲原家庭園
奥出雲には、たたらで栄えた鉄師の邸宅があります。
しっかりと手入れされ邸宅の庭園、一般公開され、多くの観光客を魅了しています。